[ 科学技術・大学 ]

静止気象衛星「ひまわり」、初号機から40年-高性能化一段と

(2017/7/14 05:00)

■積乱雲、分解能細かく 落雷予測精度向上

静止気象衛星「ひまわり」初号機の打ち上げから、14日で40年がたつ。ひまわりの進化は気象現象の高精度な観測を実現してきたほか、民間気象会社のサービス向上といった好影響を与えた。一方で気象庁では、さらなる精度向上を目指し、2029年ごろに運用を始める後継機の開発に向けた準備を進めている。(福沢尚季)

【画像カラー化】

1977年に打ち上げた初号機は可視光で観測する画像が1種類しかなく、白黒での提供に留まっていた。現在軌道上にある8、9号は最先端の観測技術を持つ可視赤外放射計(AHI)を搭載。静止気象衛星として世界初のカラー画像を観測できるようになった。

初号機と8、9号機の空間分解能を比べると、可視画像が1・25キロメートルから0・5キロメートルに、赤外画像が5キロ...

(残り:1,047文字/本文:1,447文字)

(2017/7/14 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン