[ 機械 ]

三菱電、他社の板金機械も監視 一元管理化で生産性向上

(2017/7/14 05:00)

  • 遠隔診断サービスの利用拡大につなげる

三菱電機は板金を切断するレーザー加工機向け稼働状況監視サービスの対象を他社製品にも広げる。レーザー加工機など板金機械の顧客は複数メーカーの製品を使うことが多いため、他社製機械の稼働情報も収集できる接続機器を開発した。複数メーカーの機械を一元管理できるオープンな仕組み作りを目指し、顧客の生産性向上ニーズに応える。

同サービスはレーザー加工機の稼働状況を遠隔診断し、予防保全情報を提供したり加工方法を助言したりする。2016年の提供開始後、累計200件の顧客を獲得した。

他社製機械の稼働情報は、機械が発信する情報を新たに開発した接続機器を通じて収集する。ただ、自社製機械ではサービスセンターとの遠隔診断で加工助言が可能だが、他社製品では稼働状況監視のみに対応する。将来は他社製品も遠隔診断に対応できる仕組み作りを検討する。

第1弾としてタレットパンチプレスなどの板金機械を主力とする村田機械の製品に対応。今後、他社にも参加を呼びかける。

並行して自社製品のサービス対象も広げる。集じん機、コンプレッサーなどレーザー加工機の周辺機器も、近く対象に加える。周辺機器の故障でレーザー加工機が使用できなくなる事態を防ぐなど、製造現場全体の生産性向上を後押しする。

→ MF-Tokyo2017特集

(2017/7/14 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる