[ オピニオン ]

社説/重粒子線治療で協議会−連携を強め、国産技術を海外に

(2017/7/14 05:00)

がんをピンポイントで治療する重粒子線治療を行う国内5機関が「全国重粒子線治療施設設立者協議会」を発足、活動を始めた。連携を強化し、高性能化やコスト低減などの課題解決につなげてほしい。

協議会は、量子科学技術研究開発機構の放射線医学総合研究所(放医研)をはじめ、兵庫県立粒子線医療センター(兵庫県たつの市)、群馬大学重粒子線医学研究センター(前橋市)、九州国際重粒子線がん治療センター(佐賀県鳥栖市)、神奈川県立がんセンター(横浜市旭区)の設立者で構成する。

会長を務める平野俊夫量研機構理事長は「病院の現場だけでは難しい課題解決に寄与していく」と話す。協議会の設立により、治療の普及に向けた協力体制を強め、高い治療効果を得るための医学的指導や施設の建設・運用のための技術的支援ノウハウを蓄積する。

重粒子線治療は2016年度から一部疾患で保険診療となり、大阪重粒子線がん治療施設(大阪市中央区)、山形大学医学部付属病院(山形市)でも施設の建設が進む。研究段階からより日常の治療に変わりつつあるが、免疫療法など他の治療法との併用など研究テーマは事欠かない。

重粒子治療は治療効果は高いものの施設が大がかりで、高い建設費がネックだ。装置を抜本的に小型・低コスト化し、外科治療からの置き換えを目指す次世代重粒子線治療(量子メス)の研究も進んでおり、実際の医療現場の声を反映することは重要だ。

日本は重粒子線治療で世界をリードする。また同治療を目的とする訪日外国人需要も増えている。高い治療効果から米国では今後5―10年で3―4施設が稼働する見通しで、韓国でも延世大学がんセンターが21年の治療開始に向けて、放医研と研究協力で合意した。

世界の多くの医療機関で日本の技術導入が検討され、日本製の医療機器・サービスの海外展開に追い風が吹く。協議会を連携強化の基盤として、世界への発信力を高めてもらいたい。

(2017/7/14 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

目利きが教えるエンドミル使いこなしの基本

目利きが教えるエンドミル使いこなしの基本

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる