[ 化学・金属・繊維 ]

住友鉱、廃リチウムイオン電池 再資源化事業を始動

(2017/7/14 05:00)

住友金属鉱山は13日、使用済みの車載用リチウムイオン二次電池や同電池の製造過程で発生する不要物から、銅とニッケルを回収する再資源化事業を始めたと発表した。

東予工場(愛媛県西条市)の銅製錬工程とニッケル工場(愛媛県新居浜市)のニッケル製錬工程の既存設備を活用して廃電池を処理。廃電池に含まれる銅やニッケルのほぼ全量を回収できる。ニッケルは磯浦工場(愛媛県新居浜市)で二次電池の正極材料に加工する。

受け入れる廃電池の製造元は問わない。現在は電池メーカーで発生する不要物の処理が中心。今後、電気自動車(EV)の普及につれてEVの廃車数が増え、廃電池の受け入れが本格化するとみている。

再資源化の工程では、まず熱処理などで無害化した廃電池を東予工場の転炉に投入。電解工程を経て、電池に使われていた銅を電気銅として回収する。さらに銅電解槽の電解液中に含まれるニッケルを硫酸ニッケルとして回収する。

硫酸ニッケルは、ニッケル水素二次電池の正極材料である水酸化ニッケルや、リチウムイオン二次電池の正極材料であるニッケル酸リチウムに加工する。

(2017/7/14 05:00)

素材・ヘルスケア・環境のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる