[ 機械 ]

二幸技研、ナイロン6で粉末造形−車・ロボ向け、部品供給

(2017/7/17 05:00)

  • ナイロン6を使った粉末造形部品を提供。奥は粉末造型機、手前はナイロン6の造形品

【横浜】二幸技研(川崎市宮前区、梅田昌子社長、044・865・1855)は、「IKUTA LABO」(川崎市多摩区)を開設した。3Dプリンターを導入し、ナイロン6(ポリアミド合成樹脂)を使った自動車やロボット向け部品の試作や少量生産を始めた。投資額は約7000万円。同粉末造形事業を主力のナイロン注型に次ぐ第2の柱に育成し、金型不要の100―200個ほどの量産品や短納期製品の供給を目指す。

導入した3Dプリンターは、アスペクト(東京都稲城市)製。造形物の最大値は縦550ミリ×横550ミリ×高さ450ミリメートル。ナイロン6の粉末を0・1ミリメートルずつレーザーで焼き付け積層する。自動車やロボット部品メーカー向けに金属の代替えとして訴求していく。

一般的な粉末造形機はナイロン12を積層するが、物性が弱いのがネック。ナイロン6は160度Cの温度に耐える耐性や曲げ弾性、合成密度が高い。また、ABS樹脂やPP(ポリプロピレン)と比べて耐熱、耐薬効果が高い。同社はシリコーンゴム型によるナイロン注型工法を手がける。従来、注型で製作できる樹脂は熱硬化性樹脂に限定されていたが、同社はナイロンなどの熱可塑性樹脂でも可能。自動車メーカー向けにバンパーやエンジンカバーなどを製造する。注型だけでなく、粉末造型機を導入することで商材を増やし、納期短縮やコスト低減など顧客ニーズに対応していく。

(2017/7/17 05:00)

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

宇宙ビジネス第三の波 
NewSpaceを読み解く

宇宙ビジネス第三の波  NewSpaceを読み解く

シリーズITソリューション企業総覧 
スマート社会を実現するIoT/AI(人工知能)/ロボットがサクッとわかる本

シリーズITソリューション企業総覧 スマート社会を実現するIoT/AI(人工知能)/ロボットがサクッとわかる本

中国・四国地方を支えるモノづくり企業64社

中国・四国地方を支えるモノづくり企業64社

イラストでよくわかる!大工道具入門
匠の技から学ぶ上手な使い方

イラストでよくわかる!大工道具入門 匠の技から学ぶ上手な使い方

わかりやすい高周波測定技術

わかりやすい高周波測定技術

わかる!使える!接着入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!接着入門 <基礎知識><段取り><実作業>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン