[ 環境・エネルギー ]

石炭火力発電所のトラブル検知−東電FPと三菱日立PSがモデル構築

(2017/7/17 05:00)

  • 東電FPの常陸那珂火力発電所

東京電力フュエル&パワー(東電FP、東京都千代田区)と三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、石炭火力発電所で発生するトラブルの予兆を検知するモデルを構築、その有効性を確認した。これまで蓄積してきた過去の設備トラブル事例を用いて実証。緊急停止の回避や計画外停止期間の短縮など、運転可能な時間割合の向上につなげた。

両社は具体的なサービス提供に向けて、同モデルをフィリピンのティームエナジーが運営するパグビラオ発電所に導入した。過去のトラブル事例を分析するほか、リアルタイムな稼働状況を把握することで、トラブル検知の精度を高める取り組みを進めている。

国内外の発電所の設備データと同モデルを、IoT(モノのインターネット)基盤上で運用する。2017年度中をめどに、東南アジアの石炭火力発電所を対象としたサービス提供を始める計画だ。

東電FPの常陸那珂火力発電所(茨城県東海村)を活用し、同モデルを構築した。実証ではボイラの配管に穴が開いて蒸気が漏れ出す「チューブリーク」を1カ月前に予知できるなど、一定の成果を得た。

(2017/7/17 05:00)

環境・エネルギーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン