INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 機械 ]

【電子版】MF-Tokyoの「コマ大戦ねじ屋場所」、大阪のマツダが優勝(動画あり)

(2017/7/15 23:00)

  • ねじ屋場所決勝戦での山下精工(左)とマツダチームB

  • マツダチームBのコマは、材料に銅タングステンを使って100グラムを超す重さにしたことと、外周の突起が破壊力を生み、優勝を手にした

日本ねじ工業協会(東京都港区、椿省一郎会長=互省製作所社長、03・3434・5831)は15日、「全日本製造業コマ大戦特別ねじ屋場所」を、東京ビッグサイト(東京都江東区)の「MF―Tokyo 2017」の会場で開催した。国内のネジメーカーなど10チームが参戦し、冷間圧造用金型などを手がけるマツダ(大阪市城東区)チームBが頂点に輝いた。同社は15年に開かれた第1回ねじ屋場所でも優勝しており、2連覇となった。

マツダチームBは、外周に突起を設けて相手をはじき飛ばす“飛ばし系コマ”で参戦。銅タングステンを素材とし、重さ100グラム超の重量級コマに仕上げ、対戦相手を次々と土俵外に押しやった。決勝戦では、同じく“飛ばし系”で臨んだ山下精工(山梨県山梨市)の動きを、威力で封じた。マツダチームBで投げ手を務めた石橋雅大さんは「まさか優勝するとは思わなかった」と恐縮していた。

ねじ屋場所は、15年のMF―Tokyoでの同協会ブースで開催し、今回が2回目。同協会の藤田守彦副会長(藤田螺子工業常務)は「協会会員に大戦参加社が多かった上、ブースにも興味を持ってもらおうと開催することにした。今回は前回より観客が多かったと思う」とし、次回の開催可能性もありうるとした。

コマ大戦は、直径2センチメートル、高さ6センチメートル以内の自作のコマを、直径25センチメートルの土俵上で競わせる競技。12年に横浜市で発祥して以降、国内外で開催されており、参加者は中小企業から大手企業、工業高校や大学など多岐にわたる。中小企業の情報発信や参加社同士の仕事の融通、企業と学生の人材マッチングなどあらゆる面で効果を示している。

→ MF-Tokyo2017特集

(2017/7/15 23:00)

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい水素の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい水素の本 第2版

経営者は遊び心を持て
~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

経営者は遊び心を持て ~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 
企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい小売・流通の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい小売・流通の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン