[ 自動車・輸送機 ]

椿本チエイン、19年に米で車エンジン部品生産3倍に

(2017/7/17 05:00)

  • 自動車エンジン用タイミングチェーンドライブシステムは受注が拡大している

椿本チエインは2019年半ばに、米ポートランド工場(テネシー州)の自動車エンジン用基幹部品の生産能力を現状比約3倍に拡大する。既存工場の隣接地に現在比約2倍にあたる約10万平方メートルの土地を取得し、工場を移転拡張する。投資額は約35億円。同社はマサチューセッツ州の同部品工場も増産に向け増床している。米国への自動車生産回帰などによる受注増加に対応しきれないと判断し、新たな投資を決めた。

エンジンのカム軸を駆動させるタイミングチェーンドライブシステムを増産する。自動車工場の生産ライン向けマテハンシステムも新工場に移る。新建屋の床面積は既存工場比約2倍の2万3000平方メートルを計画する。導入設備などの詳細は今後詰めるが、12月着工で18年末に完成する予定。

既存設備の移転や新規設備の導入、同州内のレンタル倉庫からの機能移転を含め、19年半ばに完了する。既存工場は売却する方針だ。

タイミングチェーンドライブシステムは、国内外自動車メーカーからの受注が拡大し、課題だった欧州系や中国現地資本企業の攻略も順調で拡大基調にある。毎年100億円規模を投じ、日米欧、中国、東南アジアの全拠点で増強している。世界シェアは約35%で、米ボルグワーナーを抑えて13年から首位を堅持。同システム主体の自動車部品事業の20年度売上高目標は、16年度比35%増の1000億円で、シェアは42%を目指している。

(2017/7/17 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる