[ ICT ]

【電子版】IBMが次世代大型機、データ暗号化を高速処理 ブロックチェーン・クラウドに導入

(2017/7/17 23:30)

  • IBM Z(同社提供)

米IBMは17日、1日あたり120億回以上ものデータ暗号化処理が行える次世代メーンフレーム(大型汎用コンピューター)「IBM Z」を発表した。現行のx86ベースのシステムの18倍の速度で暗号化処理が行える。アプリケーションソフトやクラウドサービス、データベース(DB)などについて、データのセキュリティーを強化するための全面的な暗号化処理をいつでも高速に実行できるという。

金融やヘルスケア、政府関連、小売業などでのデータ保護に役立てられる。このマシンを使って、欧州連合(EU)で2018年に導入され、EU内のすべての個人のデータ保護強化を求めたEU一般データ保護規則(GDPR)をはじめ、企業・政府組織の国際的なデータ保護規制への対応を支援する。

一方で、IBMがダラス、ロンドン、フランクフルト、サンパウロ、東京、トロントの世界6カ所に設けているクラウド・ブロックチェーン・データセンター(DC)に暗号化エンジンとして導入する。

IBM Zは3年以上の歳月をかけ、世界中のCISO(最高情報セキュリティー責任者)やデータセキュリティー専門家、それに150社以上の顧客の意見を取り入れて開発された。暗号化処理のコストもx86ベースのプラットフォームの5%程度。ハッカーの侵入を検知すると自動的に暗号化キーを無効にする機能も設けた。

IBMによれば、世界で多発するサイバー犯罪により、2013年以降で90億ものデータ記録が失われたり盗まれたりしているのに対し、暗号化されていたのはわずか4%に過ぎなかったという。

暗号化の処理コスト以外に、現状のx86ベースのプラットフォームで暗号化処理を行うとシステムのパフォーマンスが落ちるのがその理由。そのため、モバイル関連ではデータの80%が暗号化されているのとは対照的に、コーポレート関係ではデータの2%程度しか暗号化されていないという。

(2017/7/17 23:30)

関連リンク

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン