[ 科学技術・大学 ]

JFCC、骨結合性高い金属系バイオ素材を開発

(2017/7/19 05:00)

  • 左: 高い生体活性能を持つ材料と骨との結合、右: HAp 形成能の比較(開発技術と従来技術) (JFCC 発表資料)

【名古屋】ファインセラミックスセンター(JFCC)材料技術研究所高信頼性グループの橋本雅美研究員らは、骨結合性が高い金属系バイオマテリアルを開発した。チタンを微量の酸素を含む窒素中で熱処理することで、骨を作る骨芽細胞が活性化し、骨と早期に結合できる。生体用チタン合金に応用できれば、骨移植での自家骨との置き換えが可能になる。

チタンを熱処理すると表面に、骨の中の無機成分である水酸化アパタイトが形成され、骨芽細胞の活性が未処理品と比べて約2倍向上した。熱処理条件を変更すれば、分散された粒子の分散安定性の指標になる「表面ゼータ電位」を制御できる。プラスやマイナスの値が大きいほど、水酸化アパタイトの形成能力が大きいことも分かった。

(2017/7/19 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン