[ ロボット ]

【電子版】「次世代AI」開発、MIT発のスタートアップがけん引

(2017/7/22 19:30)

  • 「FVC Silicon Challenge 2017」で講演する米フェノックス・ベンチャーキャピタルのウッザマンCEO

話しかければ答えてくれるパーソナルアシスタントに代わる「次世代の人工知能(AI)」が話題になっている。スタートアップ企業に詳しい米フェノックス・ベンチャーキャピタル(VC)のアニス・ウッザマンCEOは「米国には、アマゾン・エコーの『アレクサ』やマイクロソフトの『コルタナ』、グーグルの『グーグル・アシスタント』といったパーソナルアシスタントを超え、次世代のAI製品を生み出そうという機運がある」と話し、思いもつかない製品・技術の登場に期待を寄せている。(編集委員・碩靖俊)

頭一つ抜けた存在

  • ファミリーロボット「ジーボ」

ウッザマン氏によると、AIの開発で頭一つ抜けた存在は、ジーボ(Jibo)、アフェクティバ(Affectiva)の両社という。ともにマサチューセッツ工科大学(MIT)発のスタートアップ企業で、次世代のAIを生み出す最有力候補と見ている。

ジーボはファミリーロボット「ジーボ」の開発で知られる。このロボットは誰でも親しみやすい姿をしているほか、音声認識、感情認識、機械学習、自然言語処理、感情表現ディスプレー、動作などの最先端技術を組み込んでいる。人の感情や会話、周囲の出来事を把握した上で、コミュニケーションできる機能が売りだ。

これまで販売延期が相次いだが、依然、心待ちにしているファンが少なくないという。日本の一般ユーザー向けには、順調に行けば、2017年末にも発売される予定。販売価格は5万円から7万円になる見通し。アップルのiPhoneに比べて価格が安いところも強みの一つと言える。

同社には電通ベンチャーズ、KDDI、セガサミーホールディングス(HD)、CACHDをはじめ、エイサー(Acer、台湾)、サムスン(韓国)、LGユープラス(同)、NetPosa(中国)など、国内外の大手企業が投資し、ジーボに寄せられた期待の大きさがうかがえる。

画像から感情読み取り

  • 出典:Affectivaの公式WEBサイト

アフェクティバは、独自の感情認識技術(感情AI)を組み込んだソフトウエアを開発。1400件超のブランドで消費者の感情テストに利用されるなど、すでに多くの実績がある。日本では6月に開かれた東京都議会議員選挙のPRイベントで、凸版印刷とCACHDが協力し、感情AIを体験できるコンテンツを公開、イベントを盛り上げた。

このソフトはパソコンやスマートフォンで撮った画像の顔の表情から、さまざまな感情を読み取ることができる。これまでアフェクティバが蓄積した世界75カ国、500万人、700億件の表情データを基に、その表情がどんな気持ちを示すのかを機械学習させてデータベース化。画像に映った顔の表情と照らし合わせて、感情を判断する仕組みだ。

「例えば、ゲームの分野では、開発者がプレイヤーの感情に基づいてゲーム内容が変わるように設計できる。医療の分野ではこれまで難しかった自閉症の判定などに使え、患者の心の状態に応じるアプリケーションの開発も可能だ」。ウッザマン氏はこう話し、感情AIの幅広い分野での活用を展望する。

激化する開発競争

  • ドバイ警察に採用されたロボットの同型機「REEM」

  • ドバイ警察に採用されたロボットの同型機「REEM」

AIの開発については、国レベルで巨額の投資をするところもあり、中国、シンガポール、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ、英国、カナダはきわめて熱心とされる。中でも、ドバイは独自のスマートシティー構想があり、犯罪抑止に向け、スペインのパル・ロボティクスが開発したロボット警察官を採用するなど、ハイテク導入にも積極的だ。今後、ジーボやアフェクティバの成長が、さらに投資意欲を刺激するだろう。

アマゾン、マイクロソフト、グーグル、アップルもAIに関する研究の手を緩めていない。マイクロソフトが16年末、AIに特化したベンチャーファンドを組成し、17年7月までの6カ月間で、AIの開発に優れたスタートアップ7社に投資することを決めた。グーグルも7月に入って、AIに特化したファンドの「グラディエント・ベンチャーズ」の設立を発表した。

今後、AIの開発をめぐる争いがますます激しくなっていきそうだ。そして、この競争が行き着く先には、SF小説さながらの社会が広がっているに違いない。

(2017/7/22 19:30)

スマートファクトリーJapan 2018 特集

特集トップページ

【コネクテッド インダストリーズ vol.1】スマート工場は日本のお家芸

冊子『Connected Industries』を発行

日本の新しい産業革命「コネクテッドインダストリーズ」って何?

【コネクテッド インダストリーズ vol.2】自動運転で人、クルマ、社会の関係はどう変わる?

【コネクテッド インダストリーズ vol.3】ロボット王国、社会課題の解決策を世界に発信

【絶賛発売中】よくわかる 中小企業のためのIoT導入ノウハウ『工場管理 2018年4月臨時増刊号』

スマートファクトリーアワード、旭酒造など6件選定

【コネクテッド インダストリーズ vol.4】ヘルスケア・バイオ産業へのインパクト

【コネクテッド インダストリーズ vol.5】データが語り出す新しい消費社会

【コネクテッド インダストリーズ vol.6】日立製作所・中西会長インタビュー/立ち上がれ日本の経営者たち

発明の日特集/製造業における知財戦略の事例

【コネクテッド インダストリーズ vol.7】中小企業が主役だ!人手不足がチャンスに変わる時

【コネクテッド インダストリーズ vol.8】絶対に見逃してはいけない、セキュリティ対策&知財保護

【コネクテッド インダストリーズ vol.9】気鋭の起業家が語る「コネクテッドな社会に必要なのは愛嬌だ!」

【コネクテッド インダストリーズ vol.10】経営共創基盤・冨山社長インタビュー/飲み込まれるのが嫌...

【コネクテッド インダストリーズ extra】開催報告/コネクテッドインダストリーズを語り合う

【進化するコネクテッド インダストリーズ vol.1】世耕弘成経済産業大臣インタビュー/日本の企業文化を...

【進化するコネクテッド インダストリーズ vol.2】この1年で大きく動き出したコネイン

【進化するコネクテッド インダストリーズ vol.3】大手も中小もスマートファクトリーを競う

【進化するコネクテッド インダストリーズ vol.4】パナソニック・馬場渉氏インタビュー/組織がつながれば...

【進化するコネクテッド インダストリーズ vol.5】けん引する若きベンチャーたち

【進化するコネクテッド インダストリーズ vol.6】日本の強み、エッジコンピューティングとは?

【進化するコネクテッド インダストリーズ vol.7】自動車革命とキーデバイス半導体

基本用語を確認!「スマートファクトリー」関連ワード解説

IoT はどこまで進化したか (上) -『工場管理』2018年4月臨時増刊号

IoT はどこまで進化したか (下) -『工場管理』2018年4月臨時増刊号

コラム/コネクテッド・インダストリーズは中小企業が主役!-『工場管理』2018年4月臨時増刊号

出展する新しい技術・ソリューション(上)/経産省とIPAほか

出展する新しい技術・ソリューション(中)/ファナックほか

出展する新しい技術・ソリューション(下)/アマダHDほか

ものたんが紹介!見逃せない出展ブースとおすすめルート

【関連記事】三菱電、部門またぎ相乗効果拡大 IoT軸に組み合わせ ほか

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

めっちゃ、メカメカ!基本要素形状の設計
カタチを決めるには理屈がいるねん!

めっちゃ、メカメカ!基本要素形状の設計 カタチを決めるには理屈がいるねん!

バルブの選定とトラブル対策
-現場で起きた故障事例と対処法-

バルブの選定とトラブル対策 -現場で起きた故障事例と対処法-

きちんと知りたい! 
自動車サスペンションの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車サスペンションの基礎知識

実践!電子部品の信頼性評価・解析ガイドブック Part3
信頼性の要『故障メカニズム』を理解して問題解決

実践!電子部品の信頼性評価・解析ガイドブック Part3 信頼性の要『故障メカニズム』を理解して問題解決

宇宙ビジネス第三の波 
NewSpaceを読み解く

宇宙ビジネス第三の波  NewSpaceを読み解く

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン