[ 化学・金属・繊維 ]

日立化成、銅含有量0.5%未満の摩擦材 米フォードに納入

(2017/7/25 05:00)

  • 摩擦材を採用したフォード「フュージョン」

日立化成は24日、銅の含有量を0・5%未満にした「銅フリー摩擦材」が米フォードモーターのセダン「フュージョン」に採用されたと発表した。スチール繊維やアスベストを含まない非アスベスト(NAO)材に、フェノール樹脂や有機繊維などを組み合わせることで銅の含有量を低減しつつ、銅を含む従来の摩擦材と同等の性能を持たせた点が評価された。

自動車や2輪車のブレーキに使われる摩擦材は、使用時に微量の銅を含む摩耗粉が飛散する。これが河川や湖に流れると水質汚染につながるため、米環境保護庁は摩擦材に占める銅の含有量を規制。米国では2021年から銅含有量5%以上の製品、25年からは同0・5%以上の製品の販売や新車への搭載が禁止される見通し。

(2017/7/25 05:00)

素材・ヘルスケア・環境のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる