[ 金融・商況 ]

【電子版】ビットコイン、米公認オプション取引所が秋に誕生へ-CFTC承認

(2017/7/25 13:30)

  • ビットコイン(ブルームバーグ)

(ブルームバーグ)仮想通貨取引プラットフォーム運営のレッジャーX(本社ニューヨーク)は、仮想通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引・決済機関として、米商品先物取引委員会(CFTC)から承認を得た。

 レッジャーXのポール・チョウ最高経営責任者(CEO)は電話インタビューで、9月下旬から10月上旬にかけてビットコインの対ドルのオプションを1ー6カ月物で提供する計画だと説明。イーサリアムの通貨単位イーサを含む他の仮想通貨を対象とするデリバティブもその後予定していると述べた。

 同CEOは「最初はある程度の規模とし、その後数カ月かけて大きくしたい。ヘッジを目的とする人々や、ポートフォリオに加えて分散投資に役立てるために新たな資産クラスへのエクスポージャーを求める人々、さらには将来的な仮想通貨値上がりの可能性を得たい人々がいる」と話す。

 CFTCは24日の発表文でレッジャーXについて、100%担保付き仮想通貨スワップを対象とする米公認決済サービス業者になると説明。規制当局は今月に入り、同社による仮想通貨取引を認可していた。アルファベットのベンチャーキャピタル部門が支援するレッジャーXは、機関投資家が他の資産の価格変動に備えるのと同様に仮想通貨についてもリスクヘッジを行えるサービスを提供する。

 同社ウェブサイトによると、レッジャーXは米国で現実決済される100%担保付きビットコインのオプションを扱う初の米公認取引所となる。

(2017/7/25 13:30)

金融・商況のニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン