[ 科学技術・大学 ]

ヒト受精卵、ゲノム編集で改変−米研究チーム、遺伝病の遺伝子変異を修復

(2017/8/3 05:00)

  • ヒト受精卵にゲノム編集を施し、胚盤胞ができた後の胚の様子(米オレゴン健康科学大提供)

米オレゴン健康科学大学、ソーク研究所などの研究チームがヒトの受精卵に全遺伝情報(ゲノム)を自由に書き換えるゲノム編集技術の「クリスパー・キャスナイン」を適用し、遺伝病の原因となる遺伝子変異の修正に有効であることを確認した。将来、着床前遺伝子診断と組み合わせれば、さまざまな遺伝子疾患の治療法に発展する可能性がある。詳細は英科学誌ネイチャーに3日掲載される。

これまで中国でヒト受精卵を対象にしたゲノム編集の実施例は3例あるが、米国では初めて。今回、研究チームがゲノム編集の対象としたのは、遺伝子疾患である肥大型心筋症(HCM)の原因遺伝子。HCMはヒトDNAに含まれるMYBPC3遺伝子の変異で起こることが分かっている。遺伝子治療について安全性と有効性の評価がしやすいと判断した。

実験ではこの遺伝子に変異のある男性から精子の提供を受け、健康な女性の卵母細胞と受精して使用。ゲノム編集で原因遺伝子の変異部分を切除したところ、健康なドナー由来の変異なしの遺伝子コピーをもとに、切除部分がDNA修復機構によって修正され、手法の有効性とゲノム編集技術の正確性が確認できたという。

(2017/8/3 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる