[ 科学技術・大学 ]

壊れず拭き取り可能なモスアイ構造フィルム、東京理科大が開発

(2017/8/9 05:00)

  • 新開発の樹脂を用いて作製したモスアイ構造。擦過試験後も構造を維持し、指紋の拭き取りも容易にできた(東京理科大提供)

東京理科大学基礎工学部電子応用工学科の谷口淳教授とオーテックス(東京都新宿区)の日和佐伸研究員らは、高硬度で防汚性を持つ紫外線硬化性樹脂を開発し、この樹脂にナノオーダー(ナノは10億分の1)の針状構造「モスアイ構造」を転写した。作製したモスアイ構造フィルムは、触っても壊れず、汚れも拭き取りやすい。スマートフォンなどのタッチパネルなどの用途を想定する。

モスアイ構造の金型原盤は理科大が保有する特許技術で作製し、ナノ寸法で転写できるナノインプリント技術で転写した。新開発の樹脂を用いて作製したモスアイ構造は、擦過試験に耐え、指紋の拭き取りも容易にできた。

触っても壊れないタッチパネル用反射防止フィルムとして使える。

さらに、モスアイ構造表面の水の接触角は150度以上と超撥水(はっすい)性を示すことから、この性質を利用した製品展開も見込める。

スマホやタブレットなどタッチパネル表面の保護のほか、視認性向上フィルムやディスプレーなどの視認性向上、太陽電池表面の反射防止用途などに使えると期待される。

反射防止効果を持つモスアイ構造を使ったフィルムはこれまでも、大型ディスプレーの表面などに使われてきたが、触ると壊れ、指紋が付くという問題点があった。

(2017/8/9 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

超ロボット化社会
ロボットだらけの未来を賢く生きる

超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる

実用設計製図 
幾何公差の使い方・表し方
第2版

実用設計製図 幾何公差の使い方・表し方 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン