INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 金融・商況 ]

国内VBファンド3社、仮想通貨に直接投資−企業の資金調達支援

(2017/8/11 05:00)

  • テックビューロのICOソリューション「COMSA」(テックビューロ提供)

ベンチャー企業を対象とした投資ファンドを運営するフィスコ、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(東京都世田谷区)、ABBALab(アバラボ、東京都港区)の3社は10日、仮想通貨への直接投資を開始したと発表した。代表的なビットコインのほか、アルトコイン(新興仮想通貨)や企業が独自発行した通貨(トークン)などに投資する。トークンへの投資にあたっては、テックビューロ(大阪市西区)のトークン発行支援サービス「COMSA(コムサ)」を利用する。

企業が独自発行のトークンで資金調達を行うことを「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」と呼ぶ。証券市場を通じた新規株式公開(IPO)に比べて、ICOは短い期間でコストをかけずに資金調達できるため、近年注目を集めている。

米国では「ICOトークンを専門とした1億ドル規模のファンドも現れている」(テックビューロ)。日本国内では仮想通貨に直接投資するファンドは、今回の3社が初のケースとなる。

ICO投資の内容は、仮想通貨の基盤技術「ブロックチェーン(分散型台帳)」で記録されて、信頼性や安全性が保たれる仕組み。さらに企業の成長とともにトークンの取引が拡大すれば、その価格変動が新たな利益を生む展開も期待できる。

投資額はフィスコが10億円。他の2社は開示していない。

(2017/8/11 05:00)

金融・商況のニュース一覧

おすすめコンテンツ

決定版!「調達・購買」戦略の教科書

決定版!「調達・購買」戦略の教科書

きちんと学ぶレベルアップ機械製図
-ベテラン設計者が教える基本から実践まで-

きちんと学ぶレベルアップ機械製図 -ベテラン設計者が教える基本から実践まで-

よくわかるSOLIDWORKS演習
-モデリングマスター編-<改訂第2版>

よくわかるSOLIDWORKS演習 -モデリングマスター編-<改訂第2版>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいバルブの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいバルブの本

実践 エンジニアリング・チェーン・マネジメント
-IoTで設計開発革新-

実践 エンジニアリング・チェーン・マネジメント -IoTで設計開発革新-

ディープラーニングがロボットを変える

ディープラーニングがロボットを変える

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン