[ 中小・ベンチャー ]

女性営業、中小工場で活躍 神奈川・綾瀬の井上製作所

(2017/8/14 05:00)

新規取引先、1年で18社開拓

  • 「仕事が楽しい」。新規取引先を増やし成果を上げる石井さん(左)と内田さん

日本社会全体で女性の活躍が進んでいる。労働人口減少の補填だけでなく、社内外の雰囲気の活性化やコミュニケーションの円滑化への期待もある。わずか9人の中小企業である井上製作所(神奈川県綾瀬市、井上正社長、0467・78・8228)は、2人の女性営業担当者の活躍で新規取引先が1年間で18件増と伸びた。女性2人が訪問するのは職人だらけの町工場や中小企業。社内外からも好評だ。本人たちも「仕事が楽しい」と声をそろえる。(横浜・川口拓洋)

井上製作所は1970年(昭45)に創業。売上高は月間約500万円。旋盤とフライス、マシニングセンターを駆使し、鉄道部品や自動車メーカー向け治工具の受託加工を手がける。08年のリーマン・ショック以降、受注が減少傾向にあった。16年頃から上向く兆しが見えてきたため、営業力の強化に踏み切った。

【受け入れ環境整備】

井上社長は「女性のほうが真面目だろう」と考え、求人広告を出した。女性の雇用に際し、加工を行う事業所の1階部分とは別に、2階部分を女性用の事務所とし、トイレやロッカールームを新しく整備。就業時間は9―16時だが、子どもの送り迎えや両親の介護など早退・遅刻に柔軟に対応するため、社内規定も変更した。

営業の業務は社用車で行う。16年6月に入社した石井呂美さんは「仕事は面白い。職人さんの技術を評価してもらい、注文をいただけることが自分のことのようにうれしい」と話す。入社から約半年の内田めぐみさんは長年、保険の営業を行っていたが、「ノルマの設定がなく、自由にのびのび営業をさせてくれる。日々発見があり楽しい。会社のために頑張りたい」という。

【次は「現場女子」も】

営業先は取引のない新規企業が条件で、訪問先は女性2人が決定する。インターネットで調べてアポイントを取る。2人を採用したことで、この1年間で18社と新規取引を行った。井上社長は「昼食の時間などは男同士とは違った会話や雰囲気が生まれ、和やかなムードになった」と話す。今後、加工を担う“現場女子”の雇用にも取り組む意向だ。

(2017/8/14 05:00)

中小・ベンチャーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン