[ エレクトロニクス ]

深層断面/東芝、前期有報ようやく提出−残る懸案「メモリ売却」

(2017/8/11 05:00)

  • ひとまず危機を脱した東芝

「東芝が米原子力発電事業の巨額損失を発生源とする会計不信の連鎖をようやく断ち切った。10日、2017年3月期連結決算を正式発表し、監査法人の「限定付き適正意見」の付いた有価証券報告書(有報)を提出。お墨付きを得た格好で、上場廃止の危機はひとまず後退した。ただ東芝は17年3月期末に債務超過に陥っており、2期連続となれば上場廃止となる。半導体メモリー事業を売却し債務超過から脱する計画だが、手続きは停滞している。(後藤信之、渡辺光太)

上場廃止は回避/内部管理体制の改善が急務

今の東芝には三つの経営課題がある。決算の正常化によりその一つが解決した」―。綱川智東芝社長は10日開いた決算で語った。17年3月期有報は「限定付き適正意見」。17年4―6月期の四半期報告書についても前年同期と比較する部分を除き適正という「限定付き結...

(残り:2,272文字/本文:2,672文字)

(2017/8/11 05:00)

PR

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン