[ 政治・経済 ]

トランプ大統領、中国の知財侵害 301条適用調査の検討指示へ

(2017/8/14 05:00)

【ワシントン=時事】トランプ米政権は12日、中国の不公正貿易に対する制裁措置を視野に入れ、米通商法301条適用に向けた調査を実施すべきかどうか検討に入る方針を明らかにした。トランプ大統領が14日、通商代表部(USTR)に対応を指示する。米領グアム島周辺へのミサイル発射計画を公表した北朝鮮に圧力をかけるため、中国に一層の協力を迫る狙いがあるとみられる。

米側は中国が米企業の現地法人などにIT技術の移転を求めていることなどを知的財産権の侵害と問題視。米政府高官は、米国の経済と安全保障を脅かす「不公正な貿易慣行だ」と批判した。米CNNテレビによると、トランプ氏は11日、中国・習近平国家主席との電話会談で調査開始を準備していると警告した。

ただ、関税引き上げなどの一方的制裁措置につながる301条は、世界貿易機関(WTO)ルールに抵触する可能性があり、中国が対抗措置を講じる公算も大きい。トランプ政権は今回、301条適用まで余地を残し、全面対立を避けた上、貿易や対北朝鮮外交での取り組みを促した形だ。USTRは今後、知財権侵害の実態を把握するため米企業などの意見を聴取する。実際に制裁発動を決めるまでには「1年程度かかる」(米政府高官)見込み。

(2017/8/14 05:00)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

シリーズ ITソリューション企業総覧 
人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

シリーズ ITソリューション企業総覧 人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

関西で長く愛されている優良企業180選
継承と革新のひけつ

関西で長く愛されている優良企業180選 継承と革新のひけつ

Joint Media

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン