[ 中小・ベンチャー ]

プラナスケミカル、UV発光塗料でボルト・ナットの緩み点検

(2017/8/15 05:00)

  • 緩んだ箇所がUV照射によって発光したボルト・ナット

【名古屋】プラナスケミカル(名古屋市緑区、高橋康一社長、052・629・0170)は、紫外線(UV)で発光する塗料を使った、ボルト・ナットの緩みを点検する技術を完成した。発光の有無で緩みを確認するため熟練度を要さず、高所など離れた箇所でも容易に点検できる。飛行ロボット(ドローン)と組み合わせ、送電線の鉄塔などの点検を想定。独自開発の塗料とUV照射器をセットで販売する。

塗料はボルト・ナットの周囲に沿って基材との間に塗布する。蛍光顔料を含む柔軟性の高い塗料を1層目に、UVを遮る硬質塗料を2層目に塗布。塗料はUV硬化型。緩みが生じると、その部分の硬質な2層目だけが割れ1層目が露出する。そこにUVを照射すると1層目が発光し、緩みが確認できる。

通常、ボルト・ナットの緩みは締め直すことで確認したり、付けておいた印のズレを目視確認したりしている。新技術は高所などでもカメラとUV照射器を搭載したドローンを使うことで容易に短時間に点検できるようになるとしている。

消費税抜きの価格は塗料がM6サイズのボルト200本分の容量で1万8000円。UV照射器は6ワットタイプが25万円、60ワットタイプが50万円。

プラナスケミカルは以前からトンネルなどコンクリート構造物のひび割れ点検用として同様の仕組みのUV発光塗料を販売している。今回、塗料をボルト・ナット用に改良して応用した。定期点検の義務化などインフラ点検の重要性が再認識される中、それを容易にする技術として売り込む。

(2017/8/15 05:00)

中小企業・地域経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる