[ 医療・健康・食品 ]

味の素、川崎の包装新工場を稼働−ロボ導入、生産性1.7倍に向上

(2017/8/16 05:00)

  • 川崎の包装新工場内で稼働するロボット

味の素は国内主力工場の川崎事業所(川崎市川崎区)内で、商品包装の新工場を稼働した。鉄骨造り3階建てで、延べ床面積は9670平方メートル。これまで6カ所に分散していた包装場を1カ所に集約。ライン数を大幅削減し、ロボットや無人搬送車(AGV)を合計17台導入し、1人当たりの生産性を1・7倍に高めた。ゾーンごとの管理で異物混入を排除するとともに、内外にカメラを設置し品質保証も向上させる。

新工場の設備投資額は約48億円。調味料の味の素やほんだし、丸鶏がらスープ、甘味料のパルスイート、スポーツサプリメントのアミノバイタルなどの包装を担当する。

包装能力は年間約240万ケース。従来工程は包装場とラインが複数に分かれていて手作業も多く、効率が低かった。

新工場に導入したロボットは仕様が異なる2ラインの対応を1台で行える多機能型で、最終包装製品集荷作業のAGVと合わせて、人の移動を容易にし、効率を高めている。

(2017/8/16 05:00)

医療・健康・食品のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン