[ 科学技術・大学 ]

天文衛星「ひとみ」代替機と月面着陸機、H2Aで相乗り-JAXA

(2017/8/21 05:00)

  • 月面着陸機「スリム」のイメージ(池下章裕氏提供)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2020年度に国際プロジェクトとして打ち上げ予定のX線天文衛星代替機を搭載した国産ロケット「H2A」に月面着陸機「SLIM(スリム)」を相乗りさせる計画を示した。スリムは19年度に小型固体燃料ロケット「イプシロン」で打ち上げる計画だったが、効率化を図るため計画を1年後ろ倒しする。相乗りによりイプシロンの打ち上げにかかる50億円程度の費用を抑えられる見込み。 

内閣府の宇宙政策委員会の小委員会で18日報告された。X線天文衛星代替機とは16年4月に運用を断念したX線天文衛星「ひとみ」の代替機。軟X線分光検出器(SXS)などを搭載する。宇宙から飛来するX線を検出し、巨大ブラックホールの謎の解明などにつなげる。日本側の開発費は241億円。

一方、スリムは月面の地形や位置を推測しながら航行し、誘導制御を自動化する技術などを搭載。目標地点に誤差100メートル以内のピンポイント着陸を目指す。開発費は180億円。

(2017/8/21 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる