[ 科学技術・大学 ]

天文衛星「ひとみ」代替機と月面着陸機、H2Aで相乗り-JAXA

(2017/8/21 05:00)

  • 月面着陸機「スリム」のイメージ(池下章裕氏提供)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2020年度に国際プロジェクトとして打ち上げ予定のX線天文衛星代替機を搭載した国産ロケット「H2A」に月面着陸機「SLIM(スリム)」を相乗りさせる計画を示した。スリムは19年度に小型固体燃料ロケット「イプシロン」で打ち上げる計画だったが、効率化を図るため計画を1年後ろ倒しする。相乗りによりイプシロンの打ち上げにかかる50億円程度の費用を抑えられる見込み。 

内閣府の宇宙政策委員会の小委員会で18日報告された。X線天文衛星代替機とは16年4月に運用を断念したX線天文衛星「ひとみ」の代替機。軟X線分光検出器(SXS)などを搭載する。宇宙から飛来するX線を検出し、巨大ブラックホールの謎の解明などにつなげる。日本側の開発費は241億円。

一方、スリムは月面の地形や位置を推測しながら航行し、誘導制御を自動化する技術などを搭載。目標地点に誤差100メートル以内のピンポイント着陸を目指す。開発費は180億円。

(2017/8/21 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる