[ 自動車・輸送機 ]

スズキ、小型車生産好調−相良で輸出車増産(動画あり)

(2017/8/22 05:00)

報道に公開されたスズキ相良工場
  • 相良工場では、スイフトなどを生産する

  • フル稼働の状態が続く(相良工場)

スズキの小型車の国内生産が好調だ。「スイフト」など新型車効果で国内販売が増加。さらにスイフトのハンガリー工場生産分を国内に生産移管したことで輸出が大幅に増えた。このため小型車を生産する相良工場(静岡県牧之原市)は8月に2日間の休日出勤で対応。9月以降も「同水準の休日出勤が必要」(山田教久相良工場工務課長)と増産対応に追われている。

相良工場の生産能力は年間22万台。スイフト、「ソリオ」「イグニス」の3車種を生産する。イグニスは2016年2月、スイフトは17年1月に新型車を投入。さらにイグニスの輸出や、ハンガリー工場で生産していた欧州向けスイフトの国内移管で17年1月以降は月間約2万台ペースのフル稼働状態が続いている。

スズキは17年4―6月期連結決算の各利益が過去最高を記録した。増益の要因は「国内工場の生産性が高まったことが一番大きい」(小林聖慈経営管理・IR部長)。同社の決算ではインド事業が注目されるが、所在地別営業利益では、国内がインドを含むアジアを上回った。

相良工場は完成直後にリーマン・ショックに見舞われ長く稼働率が低迷した。16年夏に初の2交代勤務を導入。17年春以降は毎月2―3日の休日出勤で対応しているが、秋以降も月産2万台を超える高水準が続く見通しだ。

(2017/8/22 05:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン