[ ロボット ]

おにぎり10個を“整列”−不二精機、番重詰めをロボットで自動化

(2017/8/22 05:00)

  • ロボットアームを組み込んだおにぎりライン

【福岡】不二精機(福岡市博多区、青木稔社長、092・411・2977)は、番重詰めをロボットアームで自動化したおにぎり成形ラインを開発した。おにぎりを10個ずつ整列させ番重に詰める。おにぎり工場は昼夜稼働するため、人員確保が大きな課題となっている。自動化によって省人化できるほか、人が触れないため形崩れ防止にもなる。2018年に受注を始める。

従来、成形などは自動でできたが、番重詰めは人手に頼っていた。開発したシステムはおにぎりを成形、包装、検品してロボットアームが番重に詰める。新たにおにぎりをつぶさずにつかみ、整列させるロボットをラインに組み込んだ。番重がいっぱいになると空の番重を自動でセットする。

工場全体における1人当たりの生産性は従来の3倍になる。大手食品工場にテストラインを導入。当初受注するラインの生産能力は1時間当たり3300個。価格は消費税別で6500万円程度を計画する。初年度は売上高10億円を目指す。

同社はおにぎりや麺類などの食品製造機械メーカー。おにぎり成形機械で国内シェア約8割を占める。 

(2017/8/22 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる