[ 地域経済 ]

芋畑に「ナスカの地上絵」−山形市

(2017/8/22 05:00)

  • ハチドリの地上絵(佐藤卓弥さん提供)

山形市の里芋畑に、ペルー南部の世界遺産「ナスカの地上絵」が出現した。畝を使って代表的な地上絵「ハチドリ」を描いたのは、「さといもや さとう農園」社長の佐藤卓弥さん(43)。「地上絵のように、山形の里芋の魅力を世界に伝えたい」と話している。

ハチドリは長さ約80メートル、幅約50メートルで、くちばしが短いことを除けば、ほぼ実物大。約100分の1の図面を畑に持ち込み、曲線や直線の畝を作って描いた。畝は保温用の黒いビニールで覆われているため、6月の完成当初、ハチドリは黒い線でできていた。現在は成長した里芋の葉や草が茂り、緑がかって見える。

河川敷で芋煮を楽しむ風習がある山形県では、里芋は身近な食材。より多くの人に山形の里芋を知ってほしいと考えた佐藤さんは、山形大学がナスカの地上絵を研究していることに思い当たり、制作を決めた。完成後は飛行ロボット(ドローン)で上空から撮影し、インターネットに動画を公開している。

(2017/8/22 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる