[ オピニオン ]

社説/船舶のSOx規制強化−官民で議論を深め、迅速に対応を

(2017/8/28 05:00)

国際海事機関(IMO)の硫黄酸化物(SOx)排出規制強化に対して、海運業界と石油業界は官民連携による情報共有の場を最大限に生かして対応し、業界の発展につなげたい。

船舶の燃料油に含まれる硫黄分濃度を現状の3・5%以下から、2020年1月に0・5%以下とする国際規制がIMOの海洋環境保護委員会で決まった。これを受け、国土交通省と経済産業省・資源エネルギー庁は、関係者間の意見をすり合わせる連絡調整会議を創設し、活発な議論を交わしている。

規制強化により、現在多く使用されているC重油はそのままでは使えなくなる。対応策として(1)低硫黄燃料油への切り替え(2)排ガス洗浄装置(スクラバー)の使用(3)液化天然ガス(LNG)など代替燃料の使用―の三つの手段が上がる。

8月上旬の会議で公開された需要側と供給側の調査結果によると、インフラ整備が道半ばのLNG燃料への切り替えは、20年までの短期間では現実的でない。また、数億円のコスト増と搭載工期が必要なスクラバー対応も20年時点では「ほとんどない」とされた。

一方で、原油を軽質化させることで船舶用低硫黄燃料油の供給は素需要量約870万キロリットルを満たせるとの調査結果も示された。ただ需要側が求める低硫黄C重油の需要量約600万キロリットルに対し、供給量は約150万キロリットルと大きな開きがあった。

石油連盟は原油の軽質化で規制適合燃料を供給する場合、年約1500億円の生産コスト増が見込まれると試算している。

内航船は経営コストに占める燃料費の割合が30%超と高い。燃料価格は市場取引で価格が決まるため一概には言えないが、価格上昇が海運会社の経営に深刻な影響を及ぼす恐れはある。

SOxや粒子状物質(PM)による健康や環境への悪影響を低減することは、環境先進国としての役目だ。一方でどの手段を取るかは企業個々の判断である。スピード感を持って議論を深め、需要側、供給側に不公平感を生まない政策支援も検討する必要があるだろう。

(2017/8/28 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる