[ ロボット ]

RFルーカス、棚卸しロボシステム開発 商品タグ、高精度読み取り

(2017/8/30 05:00)

  • 自律走行ロボットが棚卸し

大型倉庫・図書館などに提案

RFルーカス(東京都渋谷区、上谷一社長、03・6383・3981)は、自律走行ロボットで棚卸し作業を自動化するシステムを開発した。無線識別(RFID)タグの位置を10センチメートル以下の精度で認識する独自技術を応用した。ロボットが箱に貼ったタグを読み取り、棚ごとの商品の状況を把握する。11月にも大型倉庫や図書館、メーカーの商品管理など向けに提案を始める。

RFルーカスは一つのタグを1秒当たり100回以上読み取ることで、電波位相情報から3次元的にタグの位置を高精度で割り出す技術を持つ。タグは半径10メートルの範囲で読み取れる。同技術を無人搬送車(AGV)や飛行ロボット(ドローン)などロボットと組み合わせ、システム化できる。

一般的なRFIDタグの読み取り技術は数メートル単位でしか位置を特定できない。そのため、棚ごとに何が入っているかを把握できず、集計作業に必ず人手が要るという。また、アンテナから離れた場所のタグが読めないケースもある。

RFルーカスの技術は現状で商品の箱の管理までが可能。将来は単品管理を可能とするため、より多くタグを読み取る技術を開発する。これにより、物流施設の管理、個別の宛先ごとに商品を仕分けるピッキング作業、図書館の本の管理、メーカー製品の管理などに応用する考え。

営業活動は、物流オペレーション事業を手がけるPAL(大阪市西区)や大日本印刷と連携する。PALは倉庫管理向けを中心に提案、大日本印刷は幅広い業種へ展開する。

(2017/8/30 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる