[ ロボット ]

RFルーカス、棚卸しロボシステム開発 商品タグ、高精度読み取り

(2017/8/30 05:00)

  • 自律走行ロボットが棚卸し

大型倉庫・図書館などに提案

RFルーカス(東京都渋谷区、上谷一社長、03・6383・3981)は、自律走行ロボットで棚卸し作業を自動化するシステムを開発した。無線識別(RFID)タグの位置を10センチメートル以下の精度で認識する独自技術を応用した。ロボットが箱に貼ったタグを読み取り、棚ごとの商品の状況を把握する。11月にも大型倉庫や図書館、メーカーの商品管理など向けに提案を始める。

RFルーカスは一つのタグを1秒当たり100回以上読み取ることで、電波位相情報から3次元的にタグの位置を高精度で割り出す技術を持つ。タグは半径10メートルの範囲で読み取れる。同技術を無人搬送車(AGV)や飛行ロボット(ドローン)などロボットと組み合わせ、システム化できる。

一般的なRFIDタグの読み取り技術は数メートル単位でしか位置を特定できない。そのため、棚ごとに何が入っているかを把握できず、集計作業に必ず人手が要るという。また、アンテナから離れた場所のタグが読めないケースもある。

RFルーカスの技術は現状で商品の箱の管理までが可能。将来は単品管理を可能とするため、より多くタグを読み取る技術を開発する。これにより、物流施設の管理、個別の宛先ごとに商品を仕分けるピッキング作業、図書館の本の管理、メーカー製品の管理などに応用する考え。

営業活動は、物流オペレーション事業を手がけるPAL(大阪市西区)や大日本印刷と連携する。PALは倉庫管理向けを中心に提案、大日本印刷は幅広い業種へ展開する。

(2017/8/30 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン