[ 建設・住宅・生活 ]

100m先の湧水圧を計測−鹿島、トンネル工事用システム開発

(2017/9/7 05:00)

  • 「中尺スイリモ」の概要(鹿島提供)

鹿島は6日、山岳トンネル工事で、掘削面前方から約100メートル程度先の湧水区間の水圧を、連続的に計測できるシステム「中尺スイリモ」を開発したと発表した。湧水圧の変動を正確に把握でき、適切な対策を事前に検討できる。トンネル掘削での安全性向上と工程の遅延リスクを低減できる。

中尺スイリモは、ボーリング専門会社の鉱研工業と共同で開発した。ボーリング機で湧水区間まで穴を掘った後、湧水区間手前までボーリング機を引き戻す。

ボーリング機の鋼管から先端の刃を押し出し、その間に湧水区間の水が周囲に浸透しないように区切る装置を挿入。装置から鋼管を通じて水をトンネル掘削面まで引き込むことで、湧水区間の水圧を計測できる。

鹿島は新東名高速道路羽根トンネル工事(神奈川県秦野市)で中尺スイリモを約3カ月間試験適用し、正確に計測できることを確認した。

従来はボーリングによる穴が崩れるおそれがあるため、湧水区間手前に装置を設置するのが難しかった。

(2017/9/7 05:00)

建設・エネルギー・生活1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる