[ 環境・エネルギー ]

東洋技研、ペットボトルに取り付ける携帯浄水器 災害・レジャー向け

(2017/9/7 05:00)

東洋技研(大阪府交野市、森昌範社長、072・893・0316)は、災害時やレジャー向けの携帯型浄水器「mizu―Q PLUS=写真」を18日に発売する。直接飲めない水道水や河川水など浄水化したい水をペットボトルに入れ、同浄水器に取り付けて押し出すと飲料水が出る仕組み。水道水で約350リットルを浄水化できる。価格は3980円(消費税抜き)。商社や量販店経由で年間約1万本の販売を目指す。

製品は直径40・5ミリ×高さ134ミリメートルで重量は約65グラム。直径0・1マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の孔を持つ繊維を集めた中空糸膜がフィルターとなり、大腸菌や赤痢菌など細菌類を除去する。繊維状活性炭でカビ臭や塩素も抑える。フィルターの交換カートリッジも販売し、価格は2400円(同)。

東洋技研は相手先ブランド(OEM)による家庭用浄水器の開発・製造がメーン。「mizu―Q」は自社商品として13年に発売し今回が3代目。同社の森社長は「家庭用浄水器の製造ノウハウを生かし、自社商品を伸ばしたい」と強調する。

(2017/9/7 05:00)

環境・エネルギーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

実践!電子部品の信頼性評価・解析ガイドブック Part3
信頼性の要『故障メカニズム』を理解して問題解決

実践!電子部品の信頼性評価・解析ガイドブック Part3 信頼性の要『故障メカニズム』を理解して問題解決

シリーズITソリューション企業総覧 
スマート社会を実現するIoT/AI(人工知能)/ロボットがサクッとわかる本

シリーズITソリューション企業総覧 スマート社会を実現するIoT/AI(人工知能)/ロボットがサクッとわかる本

中国・四国地方を支えるモノづくり企業64社

中国・四国地方を支えるモノづくり企業64社

宇宙ビジネス第三の波 
NewSpaceを読み解く

宇宙ビジネス第三の波  NewSpaceを読み解く

イラストでよくわかる!大工道具入門
匠の技から学ぶ上手な使い方

イラストでよくわかる!大工道具入門 匠の技から学ぶ上手な使い方

わかりやすい高周波測定技術

わかりやすい高周波測定技術

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン