[ 科学技術・大学 ]

銀河系中心近く、中質量ブラックホール存在か−慶大が観測

(2017/9/7 05:00)

  • 中質量ブラックホールによる重力散乱でガス雲が加速される様子の想像図(国立天文台提供)

銀河系(天の川銀河)の中心にある巨大ブラックホールの近くに中程度のブラックホールが存在する可能性が非常に高いと、慶応大学の岡朋治教授らが英科学誌ネイチャー・アストロノミー電子版に発表した。日米欧などが南米チリで運用するアルマ電波望遠鏡で観測した。

巨大ブラックホールの質量が太陽の約400万倍あるのに対し、中程度のブラックホールは約10万倍で、距離は約200光年離れている。岡教授は「別の小さな銀河で作られたブラックホールが銀河系に落ちて来たのではないか」と話した。

銀河系をはじめ、多くの銀河の中心には巨大ブラックホールがあることが知られており、中程度の質量のブラックホールが合体を繰り返して巨大になったという説がある。今回の観測成果はこの説に合う形となった。

(2017/9/7 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる