[ 中小・ベンチャー ]

可視光通信で水中会話 沖縄海洋工機、ダイバー向け装置発売

(2017/9/8 05:00)

  • 送信者(右)の送信機から光を受信機に当てて通信する

【那覇】沖縄海洋工機開発(沖縄県豊見城市、上間英樹社長、098・851・4202)は、水中で可視光に音声を乗せて通信する無線機器「M1」を開発、発売した。音声の波長を発光ダイオード(LED)ライトの点滅に変換することで水中でも安定して通信できる。ダイビングショップや水難救助の訓練機関向けに販売する。

価格は送信機1台と受信機4台で消費税抜きで1セット35万円。発話者はマイクにつながった懐中電灯状のLEDの光を受信機の受光部に当てる。受信機で音声に再変換して骨伝導式スピーカーを通して音声を伝える。機器はフルフェイスマスクなどにも付けられる。

ダイビング中は手書きボードでやりとりすることが多いが、同機器で意思疎通を図りやすくする。

送信部の光は1秒間に100万―150万回点滅し、点滅パターンで音声をデータ化する。沖縄の海やプールなど透明度が高い水中では、距離10メートル程度まで通信できる。水族館での水中と地上との水槽越しの会話も可能。

現在はレジャー用・訓練用とも同じ仕様だが、今後はチャンネル切り替えや録音機能など、用途に応じた機能特化を進める考え。

(2017/9/8 05:00)

中小・ベンチャーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン