[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】空飛ぶ電動タクシー実用化へ、独リリウムが9000万ドル調達(動画あり)

(2017/9/9 05:00)

  • 「リリウム・ジェット」のプロトタイプ(同社の発表資料から)

空飛ぶ電動タクシーの実用化を目指すドイツのスタートアップ、リリウム(バイエルン州)がシリーズB(第2段階)の資金調達で9000万ドル(約99億円)を調達した。同社は4月に電動ジェットエンジンを搭載した2人乗りの実物大プロトタイプを使い、垂直離着陸(VTOL)から水平飛行に移行する世界初の飛行に成功。今回の分も含め合計1億ドル以上の調達資金を元に実用機の開発を進め、2019年には5人乗り商用機での有人初飛行を計画。さらに2025年にはウーバーのようにスマートフォンで呼び出せる空飛ぶタクシーサービスの開始を予定している。

5日に発表したシリーズBでは、中国IT大手のテンセントはじめ、国際的なプライベート銀行のLGT、スカイプ共同創業者のニクラス・ゼンストローム氏のアトミコ、ツイッター共同創業者のエヴァン・ウィリアムズ氏が創業したオブビアス・ベンチャーズが出資した。

同社独自の電動ジェットエンジンを積んだ垂直離着陸(eVTOL)機の「リリウム・ジェット」はエネルギー効率が高いのに加え、低騒音で排ガスもないため、人口が密集した都市部での飛行に適しているという。1回の充電で1時間飛行でき、飛行速度は自動車やヘリコプターを上回る最高時速300キロメートル。

同社では、ニューヨークのマンハッタンから19キロメートル離れたJFK国際空港まで5分以内で行け、通常のタクシーで道路を走るよりコストが安くなると予測している。

(2017/9/9 05:00)

関連リンク

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン