[ エレクトロニクス ]

【電子版】キヤノン、宮崎県のデジカメ新工場 19年8月に操業開始

(2017/9/9 05:00)

  • 記者会見で握手する関係者。左から3人目が御手洗冨士夫キヤノン会長兼CEO、同4人目 が河野俊嗣宮崎県知事

【宮崎】キヤノンは8日、宮崎県高鍋町にデジタルカメラの新工場を建設すると発表した。一眼レフ、ミラーレスカメラの生産拠点で、投資額は約230億円。2019年8月の操業開始を予定している。既存工場で開発した自動機や省力化機器を導入して、生産効率の高い工場を目指す。同日、宮崎県庁で立地調印式を行った。

同社のデジタルカメラの拠点としては08年の長崎キヤノン(長崎県波佐見町)以来の新工場となる。約27万平方メートルの敷地に延べ床面積約5万4900平方メートルの工場を新設する。操業後の年間生産高は「1200億-1300億円規模になる」(御手洗冨士夫キヤノン会長兼最高経営責任者<CEO>)としている。

同じ宮崎県内には木城町にデジタルカメラを製造する宮崎キヤノン(同町)が操業している。生産能力拡大のため、工場の新設を決めた。現工場の従業員約960人が新工場でも引き続き勤務する見込みだが、「操業から3-5年年後には1500人規模にしたい」(同)としている。

(2017/9/9 05:00)

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン