[ 科学技術・大学 ]

iPS神経細胞、光刺激で作製−東大、誘導基盤技術を確立

(2017/9/12 05:00)

  • iPS細胞に光を与えると…

  • 神経細胞へ分化することに成功(東大の資料を基に作成)

東京大学大学院総合文化研究科の佐藤守俊教授らは、全遺伝情報(ゲノム)を自由に書き換えるゲノム編集技術を応用し、iPS細胞に光刺激を与えて遺伝子の発現を操作し、神経細胞に分化させる技術を開発した。光刺激を使う技術により、iPS細胞だけでなく、多様な種類の細胞分化を誘導する基盤技術として応用が期待できる。

研究グループは以前、光刺激によって遺伝子発現を操作する技術を開発していたが、従来手法では遺伝子発現の効率が不十分であった。細胞分化の再現には、より強い遺伝子発現の活性化が必要とされていた。

そこで今回は発現させる遺伝子に連結するたんぱく質「dCas9」に着目。これを2分割し、それぞれに光刺激に反応して結合するたんぱく質を新たに加えた。

加工したたんぱく質に青色の光刺激を与えると、融合したdCas9と、dCas9の案内役となる「ガイドRNA」が狙った遺伝子の上流に集合し、発現を活性化した。

さらに新手法では、転写を活性化する因子3個を同時に集めることに成功し、ゲノム遺伝子の発現効率を高くすることに成功している。従来は1個だけだった。

研究成果は、12日、米科学誌ネイチャー・メソッズに掲載される。

(2017/9/12 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン