[ その他 ]

【電子版】先週の注目記事は?(解説付き)

(2017/9/12 05:00)

■アクセスランキング・ベスト10(9/4〜9/10)

1位 スバル、ディーゼル車撤退 20年度めど生産・販売終了

2位 米べイン、東芝に新提案 独禁法審査中でも、今期中に買収費支払い

3位 【電子版】大規模な太陽フレア発生 地球への影響は8日午後−情通機構が発表

4位 アマダ、「帯のこ盤」専業メーカー買収 切削機械事業を20年度1.5倍に

5位 トヨタ、FCVの納期大幅短縮−「ミライ」すぐそこに

6位 IHI、米ターボ販売3倍−20年度100万台、新工場の建設検討

7位 トヨタ、シーテックへの出展見送り−ITと車融合も様相変化

8位 東芝メモリ売却、「新日米連合」で最終調整−「13日」重い締め切り

9位 「東芝メモリ」売却が最終局面−サプライヤーは「WD推し」、好循環の協業維持願う

10位 ドローン事故の模擬裁判−日本機械学会、普及前に課題整理

■解説:トヨタ、米子会社のAI人材 1.5倍に拡大(9/6)

 人工知能(AI)開発で先行する国は米国と中国と言われる。そのため、中国政府の検閲が原因で中国事業から撤退したグーグルでさえ、中国で人材を雇い入れAI研究を強化している。これら2カ国のほかに、ディープラーニング(深層学習)研究の先駆けで「AI立国」を掲げるカナダも注目株。グーグルがモントリオールとトロントに研究拠点を設け、「アルファ碁」のディープマインドも7月にアルバータ大学に拠点を設置した。

 ビッグネーム同士の提携も相次ぐ。先週7日にはIBMとマサチューセッツ工科大学(MIT)が共同でAI研究所を設置すると発表した。将来のビジネスや社会変革でカギを握るAIをめぐり、もはや総力戦の様相を呈してきている。

 トヨタが米国に研究開発子会社を設けたのも、国内では世界トップレベルのAI研究者を集められないからに他ならない。今どき「日本の日本人による…」や「日の丸AI」ではないが、一国だけで立ち向かっていこうとしたら将来が危うい。若手の育成はもちろんだが、トヨタのように世界に打って出るか、あるいは世界から優秀な人材を日本に呼び込む仕掛けが必要だ。

(2017/9/12 05:00)

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる