[ ICT ]

富士通、東大医学部でVR活用 心臓の挙動立体視

(2017/9/13 05:00)

  • 心臓ビューアーの立体視イメージ

富士通は12日、心臓シミュレーターのデータを仮想現実(VR)技術で立体的に表示する「心臓ビューアー」を東京大学医学部の講義に活用すると発表した。医学部3年生を対象とした心電図講義で13日に実施する。精巧に再現された心臓の挙動を立体視することで効率的な学習を実現する。

心臓シミュレーターのデータを立体的に見る専用ビューアーを活用。心臓の内部・外部の構造をはじめ、リアルな心筋の挙動、詳細な血管網や血流の様子などを3次元(3D)モデルで学ぶことができる。

学生はプロジェクターで映し出された心臓のシミュレーションモデルを立体的に見て学習できる。講師は、正常時と異常時の心臓全体の3Dモデルを360度回転させたり、断面の状態を見せるなど、簡単な操作で動かしながら説明する。また、心筋梗塞などのコンテンツを用意し、正常時と疾患時による興奮伝播(でんぱ)の違いも確認できる。

富士通と東大が開発している心臓シミュレーターは、実際の磁気共鳴断層撮影装置(MRI)やコンピューター断層撮影装置(CT)で撮影された心臓の画像を基にスーパーコンピューター「京」や高性能コンピューティングクラスターで、心臓の拍動を心筋細胞のレベルから精密に再現できる。

富士通は講義で得た結果を踏まえ、製品化を進め、2017年度中に教育機関や医療機関向けに心臓ビューアーを教材ソフトウエアとして販売する。

(2017/9/13 05:00)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン