[ 建設・住宅・生活 ]

大林組、AIで評価 山岳トンネルの掘削面

(2017/9/13 05:00)

大林組は12日、山岳トンネルの掘削面の評価に、人工知能(AI)を活用するシステムを構築すると発表した。掘削面の割れ目間隔など、7項目についてディープラーニング(深層学習)で評価する。

AI活用により地質状況を速く高精度に評価でき、工事の安全性や生産性の向上に役立つ。2018年度中に掘削面の評価システムを完成させる。

大林組はトンネル掘削面の評価にあたり、掘削面全体を撮影した画像を500万画素で約70領域に、1000万画素で約130領域に細分化して評価する。岩盤のもろい部分を発見しやすくなり、局所的な対応が可能になる。

掘削面の評価システムは、掘削面の強度、風化変質、割れ目間隔、割れ目状態など7項目を評価する。

風化変質、割れ目間隔など3項目については、工事現場70カ所の1035枚の画像と、専門家の評価を基に学習データを作成し、ディープラーニングを行った。

17年度中に7項目の評価基準を設計し、18年度にシステムを完成させる。

(2017/9/13 05:00)

建設・住宅・生活のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン