[ 科学技術・大学 ]

表層雪崩の予測手法、防災科研が開発 太平洋側地域に対応

(2017/9/14 05:00)

防災科学技術研究所(防災科研)雪氷防災研究部門の中村一樹主任研究員らは、関東地方など太平洋側の地域で発生する表層雪崩(用語参照)を予測するプログラムを開発した。低気圧による降雪で発生する表層雪崩の予測手法は初めて。これまでは、冬型の気圧配置で日本海側に降る雪で発生する表層雪崩の予測手法しかなかった。人命を奪う事故をはじめ、雪が道路や線路をふさぐといった災害予測に役立てれば、事故の回避や経済損失を減らせる可能性がある。

開発したプログラムは、日本を5キロメートルごとの格子に分けて表層雪崩の危険性を予測。(1)気温が0度C以下(2)低気圧性の乾いた雪が降っている(3)上空で東から西へ風が吹いている(4)新雪が約30センチメートル以上積もっている(5)地面の傾斜が30度以上―といった条件に全て合致すると、表層雪崩の危険性が高いと判断する。

気温が0度C以上の場合は、雪が溶けて雪粒同士の結合力...

(残り:405文字/本文:805文字)

(2017/9/14 05:00)

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいダムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいダムの本

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例
第2版

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例 第2版

「電験三種」ビギナーのための数学再入門
「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

「電験三種」ビギナーのための数学再入門 「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気の本 第2版

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン