[ 政治・経済 ]

人口減少、重要な問題に「マイナスの影響」8割 帝国データ調べ

(2017/9/20 05:00)

帝国データバンクは人口減少が日本全体に与える影響について、全国1万265社の88・7%が「マイナスの影響がある」と答えたとする調査結果をまとめた。「プラスの影響がある」は0・6%、「影響はない」は3・1%と非常に低くなっており、企業は人口減少が日本全体の重要な問題と捉えている様子がうかがえる。

自社の属する業界に「マイナスの影響がある」が84・8%だった一方、「プラスの影響がある」は1・5%、「影響はない」は5・4%にとどまった。自社への影響では「マイナスの影響がある」が78・7%、「プラスの影響がある」は1・6%、「影響はない」は9・5%となった。

自社の経営で人口減少が「重要な経営課題である」と答えた割合は45・7%。「経営課題だが、それほど重要ではない」の28・3%を含めると、約4分の3の企業が人口減少を経営課題として考えている。人口減少が顕著な地域ほど「重要な経営課題である」と答えた割合が高くなる傾向があり、企業経営における危機感につながっているという。

人口減少の対応策では「高齢化に対応した商品・サービスの開発・拡充」が17・5%でトップ。以下、「労働力人口の減少に対応した商品・サービスの開発・拡充」が12・7%、「国内の店舗網・販売先等の拡大・充実」が11・9%。

人口減少の対応策を実施する際の阻害要因は「人材確保」が75・5%と突出して高かった。次いで「販路拡大」の32・2%、「技術開発・研究開発」の19・1%が続いた。

帝国データは人口減少社会での経済成長実現には人手不足を補う技術開発、ノウハウの蓄積・継承を進めるとともに、企業が実施する対応策の阻害要因を取り除く政策がカギとなると分析した。

(2017/9/20 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる