[ 科学技術・大学 ]

腎性貧血の細胞療法に道−京大、iPSからEPO産生細胞を作製

(2017/9/28 05:00)

  • ヒトiPS細胞から作製したEPO産生細胞(京大提供)

京都大学iPS細胞研究所の人見浩史研究員(香川大学医学部准教授)と長船健二教授、香川大医学部の西山成教授らは、赤血球の産生を促進する因子の「エリスロポエチン」(EPO)の産生細胞をヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製することに成功した。腎性貧血に対する再生医療の実現につながる成果として、患者の通院回数や治療コストの軽減が期待できる。新規の貧血治療薬の開発ツールにもなる。

研究グループは、成人のEPO産生は腎臓で起こるのに対し、胎生期は肝臓が担う点に注目した。ヒトiPS細胞から肝臓への分化誘導法を応用。中胚(はい)葉や内胚葉への誘導因子「アクチビン」などを加えた培養液中で7日間、その後培養液を変更して14日間培養し、EPO産生細胞を作製した。この方法で8種のiPS細胞と2種のES細胞から作製できた。

腎不全と腎性貧血のマウスへ、作製したEPO産生細胞...

(残り:209文字/本文:609文字)

(2017/9/28 05:00)

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

デジタルファースト・ソサエティ
価値を共創するプラットフォーム・エコシステム

デジタルファースト・ソサエティ 価値を共創するプラットフォーム・エコシステム

わかる!使える!工程管理入門
<基礎知識><準備・段取り><実践活動>

わかる!使える!工程管理入門 <基礎知識><準備・段取り><実践活動>

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド
一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド 一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる