[ 科学技術・大学 ]

食べられるARマーカー、群馬大が寒天とチョコで実現 料理と映像連動

(2017/9/28 05:00)


▲ARマーカーの反射パターンと可食性
▲ケーキに添えて移動追跡
  • 食べられるARマーカーを結婚式やテーマパークなどに提案していく(群馬大学提供)

群馬大学理工学部の奥寛雅准教授らは、食べられる拡張現実(AR)マーカーを開発した。寒天とチョコレートで特定の反射パターンを作り、カメラでパターンを認識させる。料理にARマーカーを添えると位置や向きを計測し、プロジェクションマッピングで演出できる。結婚式やテーマパークで、料理と映像、ゲームを連動させるサービス向けに提案していく。

寒天でコーナーキューブ式の再帰性反射材を作成し、一部をチョコレートで隠した。六角形のハニカムパターンの光が反射してARマーカーとして機能する。

ハニカムパターンの反射範囲はマーカー正面からプラスマイナス15度。向きの測定誤差は約5度で、距離の誤差は数ミリメートルから数十ミリメートル。カメラにもよるが中華料理店の回転テーブルが測定範囲に収まるという。寒天は自由に味付けできる。

寒天によるパターン検知だけではカメラ画像の中での2次元的な位置検出に限られる。チョコレート遮蔽(しゃへい)によって立体的に位置を捉えられるようになる。

飲食店では皿や器を顧客が好きに動かすため、正確に位置決めできない。ARマーカーを添えれば器が移動しても追跡できる。器にマーカーを印刷する場合、料理と重なると認識できなくなる課題があった。寒天はそのまま食べられ、鉄板などで加熱すれば溶けてスープになる。

テーマパークでケーキにウェルカムメッセージを表示したり、ソフトクリームなど移動しながら食べられる料理を特定の場所でかざすと特典がつくなど、食事とアトラクションを連動させられる。

(2017/9/28 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン