[ 機械 ]

日本タングステン、微細泡で効率加工の研削・切削向け装置

(2017/9/29 05:00)

  • ホースで工作機械のクーラント液タンクとつなぎ循環して利用する

【福岡】日本タングステンは、研削などに使うクーラント液に微細な泡を含ませて加工効率を高める装置を開発、発売した。砥石(といし)の目詰まりを防ぐ効果がある。同装置により研削効率は約5割、切削効率は約4割それぞれ向上するという。2018年度に約200台の販売を目指す。

含ませる泡は「ウルトラファインバブル(UFB)」と呼ばれる直径1マイクロメートル(マイクロは100万分の1)未満の泡。日本タングステンが開発した「ウルトラファインバブルクーラントシステム」は、工作機械の研削液タンクにホースでつなぎ、液を循環させて使う。装置の大きさは幅520ミリ×高さ494ミリ×奥行き400ミリメートル。同社の子会社で製造する。

UFBは物質を吸着して除去する浄化能力がある。研削液に含ませることで砥石を研磨する頻度が減らせ加工効率の向上につながるという。開発はファインバブル発生装置を手がけるメーカーと連携して行った。日本タングステンはUFBをタンクとの間で循環して制御する機能を担当した。

砥石は加工を続けると削りかすによる目詰で能力が低下するため、研磨を行う。また、削りかすが混じることで、研磨液の腐食や劣化につながっていた。

(2017/9/29 05:00)

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいナノセルロースの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいナノセルロースの本

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか 重大事件から学ぶ失敗の教訓

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン