[ 科学技術・大学 ]

大雨の予測精度向上へ 気象庁、新型スパコン来年度稼働 台風は5日先まで

(2017/10/2 05:00)

経済社会活動に大きな影響を与える台風や集中豪雨の発生。そうした事態を少しでも防ごうと、気象庁は、予報・予測精度を2018年度中に向上する。台風の中心気圧や最大風速といった情報を、現在より2日多い5日先まで予報できるようにするほか、集中豪雨の降水量を、現在の2倍以上となる15時間先まで予測する。防災情報を事業継続計画(BCP)に役立てれば、被害や経済損失を最小限に抑えられる可能性がある。(福沢尚季)

【計算能力10倍】

気象庁は18年度予算の概算要求で、計算能力を強化したスーパーコンピューターシステムの整備に約41億円を盛り込んだ。同システムは16年度から整備を進めており、投資金額は3年間の合計で70億円程度の見込み。18年6月に運用を始める。

導入するスパコンは、既存のものに比べて10倍高い計算能力を持つ。そのため、静止気象衛星「ひまわり8号」からの観測データについて、より頻度や解像度が高い状態で、将来の大気の状態を予測するシミュレーションに使える。

さらに、従来に比べて台風の強度予測の精度を約30%向上できる手法も導入。台風の中心気圧や最大風速といった情報が、5日先まで予測できる。

【早期避難可能に】

一方、集中豪雨に伴う詳細な降水量予測も、スパコンの能力向上で既存より9時間長い15時間先まで延長される。

従来は翌日の3時ころに警報級の大雨が降ると予測した場合、前日の21時ごろに警報などを発表していた。だが夜間の避難は危険を伴う。特に高齢者にとってはハードルが高い。15時間前に詳細な降水量を予測できれば、前日の正午には危険性を知らせられる。自治体は住民に対し、早めの避難を呼びかけられる。

気象庁予報部業務課の新井隆之調査官は、14年8月に広島市内を襲い、77人が犠牲になった集中豪雨による土砂災害を例に挙げる。「広島市安佐北区では土砂災害警戒情報が真夜中の1時15分に発表された。集中豪雨の予測技術向上は、早め早めの避難行動につながる」と期待する。

(2017/10/2 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

目利きが教えるエンドミル使いこなしの基本

目利きが教えるエンドミル使いこなしの基本

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる