[ 科学技術・大学 ]

九大、有機材で蓄光システム−電荷分離状態を安定化(動画あり)

(2017/10/3 05:00)


強い光を与えて蓄光し、暗闇で発光する(九州大学提供)
  • 蓄光薄膜の外観(九州大学提供)

【福岡】九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究センターの嘉部量太助教と安達千波矢センター長らは、有機材料を使った蓄光システムを開発した。レアメタル(希少金属)を使わず簡易なプロセスで作成できる。溶媒への可溶性や透明性、柔軟性などを持たせることが可能。塗料や繊維、バイオ分野などへの展開につながるとしている。

研究では単純な構造の二つの有機分子(電子ドナー材料と電子アクセプター材料)を混合するだけで蓄光発光した。混合物は、光を吸収すると電子ドナーから電子アクセプターへ電荷の受け渡しが起き、電荷分離状態が形成される。

  • 紫外線蓄光時(九州大学提供)

光による電荷分離状態の形成過程は、有機太陽電池と同様の仕組みで一般に不安定と考えられている。研究では電子ドナーをアクセプター中に分散させる方法で安定化させた。この安定化された電荷分離状態は一定の確率で光の吸収時とは逆向きの電荷の受け渡しが起きて発光可能な状態に戻る。

今後は発光効率や発光時間の制御ほか大気の影響を防ぐ方法などの研究を進める。今回の研究成果は英科学誌「ネイチャー」にオンライン掲載された。

  • 暗闇発光時(九州大学提供)

(2017/10/3 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいナノセルロースの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいナノセルロースの本

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか 重大事件から学ぶ失敗の教訓

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン