[ 政治・経済 ]

経産省、データ共有認定制新設へ−法改正検討

(2017/10/3 05:00)

世耕弘成経済産業相(写真)は2日、第4次産業革命に向けた戦略「コネクテッド・インダストリーズ(CI)」関連の講演で、企業間で産業データを共有・利活用する取り組みを認定し、優遇する制度を創設すると述べた。2018年に必要な法体系を整備する。工作機械の稼働情報など、従来は個々の企業の専有物とされたデータの開放を促し、IoT(モノのインターネット)であらゆる要素が“つながる”ことが目標のCIを推進する。

経産省は新たな認定制度を、18年度税制改正要望に盛り込んだCI税制と連動させる構え。同税制では、データの連携・利活用に必要な設備やソフトウエアなどを導入する企業に優遇措置を与える。

認定制度の新設には産業競争力強化法、不正競争防止法といった関連法の見直しが必要になる可能性があり、経産省は18年に計画される各種法改正に盛り込むことを検討している。世耕経産相は「これまで日本企業は国内の競争に明け暮れ、グローバル市場を見据えた協調が苦手だった。今後は戦略的な協調を進めることが重要だ」と制度創設の理由を述べた。

また、講演ではCI推進のための行動計画「コネクテッド・インダストリーズ東京イニシアティブ」も発表。行動計画の一環として、産学官組織のIoT推進コンソーシアムに「国際連携WG」を新設する体制強化案などを示した。

(2017/10/3 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる