[ 科学技術・大学 ]

植物の葉の大きさ、なぜ不揃いなのか-生物学研が「核内倍加」現象解明

(2017/10/6 05:00)

【名古屋】基礎生物学研究所の川出健介特任准教授らは、植物細胞の大きさを決める「核内倍加」という現象がサイコロゲームのようにランダムに起きていることを突き止めた。モデル植物のシロイヌナズナの葉の表皮細胞での核内倍加は、各細胞で平均1・12回ランダムに起きる「ポアソン過程」と呼ばれる確率論的なプロセスだと分かった。核内倍加を生かして有用な農作物を育てる戦略立案につながる。

表皮細胞は核内倍加が起こる度、面積が1・5倍大きくなる独自の成長促進法を持つ。ランダムな核内倍加と独自の成長促進法を組み合わせ、表皮細胞1000個でモデル計算した結果、実際の細胞での大きさのばらつきを再現できた。核内倍加が増える変異株でもサイコロの調節で再現できた。

細胞の大きさは無作為に核内倍加が起き、一定割合で成長促進されてばらつく。

今回の研究成果は科学誌プロス・ワンに掲載された。

(2017/10/6 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン