[ ICT ]

設備稼働状況、無給電・非接触で測定 泰興物産と東京高専がIoT装置開発

(2017/10/6 05:00)

  • 非接触センサー(上)と、無給電で計測、データ送信するデバイス

泰興物産(東京都立川市、丸田陽社長、042・522・7168)は、生産設備の稼働状況を無給電かつ非接触で測定できる「電気量測定IoTデバイス」を開発した。東京工業高等専門学校と共同開発した。設備の電源コードの周囲に後付けできるため、めったに設備の電源を切れない企業や、投資を抑えてIoT(モノのインターネット)を導入したい企業にも利用しやすい。中小企業へのIoT導入の敷居を下げられそうだ。

具体的には、カレントトランス(CT)という非接触センサーが、測定対象に電流が流れた時に発生する磁界を検知し、比例した量の電流を流す。センサーに接続した新開発のデバイスが、センサーから発生した電力だけを使い、電流の計測とデータ処理、パソコンなどへの送信を行う。小型電池も必要ないため、投資を抑えて設備の稼働状況をモニタリングできる。

東京高専の水戸慎一郎准教授と学生が共同で開発した独自の回路によって、無給電での駆動を実現した。従来、計測と充電は別々の回路が必要だったが、これらを一つの回路にしたことで、計測と充電を同時にでき、CTで発生した電流を無駄なく使える。デバイス全体も低消費電力化した。CTは市販のものを利用した。

泰興物産はプラスチック加工メーカー。東京高専出身の社員が多く、以前から交流があったことから共同開発が実現した。泰興物産では、電気量測定IoTデバイスを約1年間利用している。今後、ユーザーの設備で実証実験を進め、量産化を目指す。

既存の電気量測定デバイスは給電用の電池が必要だったり、コンセントとプラグの間に設置するために設置時に生産設備の電源を切ったりする必要があった。

(2017/10/6 05:00)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

実用設計製図 
幾何公差の使い方・表し方
第2版

実用設計製図 幾何公差の使い方・表し方 第2版

超ロボット化社会
ロボットだらけの未来を賢く生きる

超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン