[ 科学技術・大学 ]

神戸大・月桂冠など、機能性オリゴ糖を効率生産 遺伝子組み換えこうじ菌活用

(2017/10/11 05:00)

神戸大学、月桂冠、産業技術総合研究所の研究グループは、2種類の遺伝子組み換えこうじ菌を使い、安価な原料から高価な機能性オリゴ糖を高効率生産することに成功した。こうじ菌の酵素生産性を高め、培養上澄みを混ぜて使う。試薬価格が1グラム当たり30万円のオリゴ糖「イソプリメベロース」が、同1000円程度と約300分の1のコストでつくれる。栄養補助食品の実用化や、機能性の研究推進が期待される。

今回使った原料「キシログルカン」は、植物由来の多糖で1キログラム約1000円と安く、食品の増粘剤に広く使われている。イソプリメベロースは腸内乳酸菌を増やす効果は確認されていたが、実用化には価格が高かった。

キシログルカンは単糖のグルコース、キシロース、ガラクトースがつながっている。産総研はセルロース分解酵素(セルラーゼ)のうち一般的な酵素2種類と、ガラクトース部分を切る特殊な酵素「IPase(アイピーエース)」を合わせると、生成物ができると以前に解明していた。しかしアイピーエースは酵母菌で生産しており、効率が悪かった。

今回、神戸大は月桂冠の日本酒醸造に使う黄こうじ菌を遺伝子組み換えし、2種類の酵素を持つこうじ菌とアイピーエースを持つこうじ菌を生成。これらの培養上澄みと、キシログルカンを加え、効率よくイソプリメベロースを生成できた。

研究は、神戸大大学院科学技術イノベーション研究科の近藤昭彦教授、若井暁特命准教授らが、文部科学省の先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラムで取り組んだ。今後、月桂冠によるイソプリメベロースの機能性食品への応用や、同グループによる同手法の技術移転を検討する。

(2017/10/11 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン