[ ロボット ]

日立、不審なドローン迅速発見 検知システム提供

(2017/10/11 05:00)

日立製作所は重要施設などに接近する飛行ロボット(ドローン)を迅速に発見する検知システムを12月から提供する。目視に比べ広い範囲を監視・警備することができる。レーダーを使い検知するため大きな音や多くの電子機器の電波に影響を受けない。カメラも活用し不審なドローンを映像でもリアルタイムに確認できる。警備やインフラ運営企業などに提案し2019年度で1億円の売り上げを目指す。

検知システムはレーダー、カメラ、操作端末で構成。それぞれが小型軽量なため持ち運びでき簡単に準備、運用できることも特徴。地図ソフトウエアと連携させることで、不審なドローンの進入経路や検知位置、映像を地図上に表示して警備対象エリアを可視化することも可能だ。

多くのドローン検知手法はマイクロホンで飛行音を検知したり通信電波を検知したりする。イベント会場など多くの人が集まる場所では雑音やほかの電子機器の影響を受けて性能が出ない懸念がある。

(2017/10/11 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる