[ ロボット ]

AIGジャパンとサイバーダイン、小中高生にアシストスーツ無償提供

(2017/10/12 05:00)

  • 左からノディンAIGジャパンHD社長、黒岩神奈川県知事、山海サイバーダイン社長

【横浜】AIGジャパン・ホールディングス(HD)とサイバーダインは11日、同社のロボット技術を使ったアシストスーツ「HAL(ハル)」を神奈川県内の小中高生50人に無償提供し、歩行機能向上を体験する機会を創出すると発表した。募集期間は同日から2018年3月まで。17年11月から神奈川県藤沢市の「湘南ロボケアセンター」で順次実施する。

同事業は両社の社会貢献活動の一環。事故などにより脊髄に障害を負い歩行が困難になった児童・生徒の歩行機能向上意欲の増進を目指す。歩行機能向上体験では1人当たり90分のプログラムを10回実施する。ハルは、脳から筋肉に送られる信号“生体電位信号”を読み取り、装着者の歩行動作を補助する。

サイバーダインの山海嘉之社長は同事業に対応するため130センチメートル程度のSSサイズのハルを開発しているとし、「開発を加速させて、実際に使えるようにしたい」と意気込んだ。両社は16年11月に事業の連携協定を締結している。

(2017/10/12 05:00)

機械・ロボット・航空機2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン